LIFE UP!!

熊本からLIFEをUPする様な情報をお届け

iPhoneで便利なウィジェットを紹介

皆さんウィジェット機能使っていますか?

ウィジェット機能を賢く使えばアプリを開く必要なしに、常に最新の天気や情報を確認する事が出来ます。

 

もともとandroidには便利なウィジェットが以前から使えていたのですが、

iPhoneでも通知バーを下ろすだけでウィジェットを表示できるようになっています。

 

今回は僕が結構便利に使っているウィジェットを紹介します。

 

YAHOO!天気

なにはなんとも天気はいつでも知りたい情報ですよね。

 

着ていく洋服や傘を持っていくかどうか、雨が降るなら渋滞を避けるために早く家を出る必要があります。

 

休みの日なら天気によってその日に遊びに行くか、布団を干すか、屋内で貯まったタスクをこなすかどうかまで結構天気に左右されてしまいますしね。

 

勿論iPhoneにはプリインストールされている天気アプリがありますが、今まで使っている経験的に結構外れる率が高く感じていて、正直あまり信用していません(笑)

 

しかしこのyahoo天気アプリは

・天気や気温のアイコンが大きくて一目で分かりやすい

・結構当たる(僕の感覚的に)

・雨雲ズームレーダーがいつでも確認できるので、急な雨にも対応できる

 という利点があります。

 

yahoo天気アプリをダウンロードしたあと、iPhoneの通知バーを下ろすと一番下に編集という項目があるのでそこをタップした後yahoo天気を選択して設定するといつでも天気予報にアクセスできます。

 

Launcher

良く使うから画面の一枚目に置いておきたいアプリってありますよね。

けど、置けるアプリは限りがあるから仕方なく2枚目、3枚目に追いやられていてアクセスするのに不便だなーと思う事ありませんか?

 

そんな時はこのアプリを使えば、通知バーを下げるだけで簡単に良く使うアプリにアクセスする事が出来ます。

 

僕は設定やapp storeiTunes等のたまに必要となるプリインストールアプリや、

写真アプリやリマインダー等の毎日アクセスするアプリを配置しています。

 

無料版だとアプリは8個まで設定出来ますよ。

僕は8個じゃ足りなかったので有料版にしています。

 

これでよく使うアプリを2枚目、3枚目に仕方なく置く必要が無く、しかもホーム画面がスッキリしますよー。

 

その他にも良く電話する相手に1tapで電話出来るアイコンを置く事もできるみたいです。

 

他にもウィジェット対応しているアプリは沢山あるので、皆さんも是非探してみてください。